ぬばたまの夜露の立ちておぼほしく照れる月夜の見れば悲しな―――大伴坂上郎女

悲しさが何処か蓄光の美しさと、幾ばくかのはかなさを感じさせるのは自分だけでしょうか。


冷え冷えとした冬の夜空のような煌めきと少しのインスピレーションが届くと良いのですが……


nobuyuki