レシピNO.2

ミール皿の底面に蓄光レジンを敷き、パーツを乗せると暗闇では影絵のようにパーツのシルエットが幻想的に浮かび上がります。ごく簡単なようですが「蓄光素材ならではの落とし穴」があるので、注意が必要です。

材料

  • ミール皿
  • パウダー状の蓄光素材
  • その他封入パーツ

作り方

  1. レジンに蓄光パウダーを混ぜる
  2. ミール皿の底面に流し込み、硬化させる
  3. その上に透明レジン層を作って硬化させてから、パーツを封入していく

ポイント

  • 蓄光パウダーをUVレジンに使う際の基本的な注意点はこちらをごらんください。
  • 蓄光層と上のパーツの間に一度透明レジンだけの層を入れると作品に奥行きが出て、また蓄光部分が光をためやすくなります。